Koichiro Takagi × blackmeans Exhibition “CONCORDIA OFFICINAS”

October 15, 2022

 

Koichiro Takagi × blackmeans   Exhibition

“CONCORDIA OFFICINAS”

Oct 20 – Oct 30

offshore tokyo / offs galleryでは

10月20日から10月30日まで、

アーティスト Koichiro Takagiとblackmeansによる

Art Exhibition 「CONCORDIA OFFICINAS」

を開催いたします。

 

 

————————————————————————————–

ハードコアパンクに目覚めた中学生時代の高木氏はかつて

原宿にあった伝説のパンクショップ”DEAD END”ではじめて

blackmeansの小松氏と出会う。


————————————————————————————–

当時ピンクか緑色の髪の小松くんをそこでみて

 

凄いカッコいいパンクスがいると思った。

 

学校帰りに友達と小松くんに音楽や鋲ジャンや
 

ズタボロなんかの話を聞いて憧れた事により、

 

最初の鋲ジャンはDEAD ENDから
 

ロンドンコーンを大量に買って作りました。

 

そんな子供時代から憧れている小松くん達の
 
blackmeansの鋲ジャンをベースに一緒に
 
作品を制作することができてとても嬉しいです。

Koichiro Takagi
 

————————————————————————————————————

 

今回、高木耕一郎くんとコラボレーションをしてほしい。

 

と言う話を的場くんからいただいた時、

 

どんなアーティストかも知らず、
 
直接お会いして作品を見させていただいた時点で、
 
もし面白いアイディアが浮かべばやりたいけど、
 
もし浮かばなければ今回はお断りする。
 
と、了承を頂いた上で高木氏にお会いした瞬間、
 

本人を覚えていただけでなく、

 

色々なアイディアが浮かんできて、

 

正にその瞬間から意気投合して、今回の作品に至りました。

 

隣の席の子と、並んで一緒に物作りをするような感覚で、
 

子供に戻ったような気持ちで作品を完成させる事が出来ました。

小松 雄二郎(blackmeans)

 

—————————————————————————————————————

 

展示タイトルの”CONCORDIA OFFICINAS”は
 

ラテン語で調和工場という意味で、

 

“Koichiro Takagi”と”blackmeans”は

 

”ハードコア”という共通した背景を持ちながらも
 

全く違うスタイルで制作しているが、

 

本個展で両者の融合した作品を表現し発表します。

—————————————————————————————————————

 

“CONCORDIA OFFICINAS”

2022/ 10/20(THU) – 10/30(SUN)

12:00-20:00

 

offshore tokyo / offs gallery

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-14-17 1F

@koichirotakagi 


【高木耕一郎 / Koichiro Takagi】

東京出身。サンフランシスコのアートスクールを卒業、

NY を制作拠点にした後に帰国。

刺繍、ステンシル、ペインティングなど様々なマテリアルを使って

ユニークな動物を描く高木の作品は現代社会がかかえる

「違和感」をテーマに製作している。

国内外の個展やグループ展などで画家として精力的な活動しながら、

アパレルブランドへのデザイン提供や

コラボレーションも多く行っている。

 

 

【blackmeans】

2005年にレザーウエアの製品加工チームとしてスター ト。 

2008年秋冬よりレザーブランド「ブラックミーンズ(blackmeans)」

として活動を開始。

TOP